真珠高価買取

真珠の買取なら宝石買取REJOUにお任せください!

パールといってもあこや真珠、南洋白蝶真珠、南洋黒蝶真珠(ブラックパール)、ゴールデンパール、コンクパールが種類豊富。
各種類によってサイズもカラーも個体差が大きく、特徴も異なります。また、サイズ、色、テリ、巻き、キズ、形で総合評価が行われます。

★あこや真珠
通称、和珠。日本で養殖される真珠はほとんどがあこや真珠です。サイズは2~10㎜と上品なサイズ。桜色の干渉色があこや真珠の特徴と言えます。
8㎜以上はあこやとして大きく、総合評価トップクラスの「花珠」は希少価値があがります。真珠科学研究所の花珠鑑別は評価が安定していることから、売買の際に付属していると安心です。

★南洋白蝶真珠/南洋黒蝶真珠
30cm以上になる大きな真珠貝からとられる南洋真珠。母貝自体が大きいため、最大で20㎜近くもあるパールが採られることもあるほどです。
黒蝶真珠はタヒチ産が代表的で、ゴールデンパールはインドネシア・フィリピン、白蝶真珠はオーストラリアの海域がメジャー。色の幅が広く様々な色味が見られます。それを逆手に取り、染色した粗悪品も見られるため注意が必要です。

★コンクパール
カリブ海で採られるピンクの巻貝コンク貝からとられる希少宝石。養殖が困難で滅多にとれません。火炎模様・フレームといわれる燃える炎のような模様が最高評価を得ています。

生物起源の宝石であるため高温多湿、衝撃、酸に弱く、保管方法に注意が必要です。
特に連ネックレスに経年劣化はつきもので、状態が悪くなったパールネックレスは売却できないことがほとんどです。

イケチョウ貝という大型の二枚貝から採れる淡水パールはお買取対象外。貝パールやイミテーションなどの模造品にもご注意ください。

ジュエリーを高く売るコツ